タグ : スピティ

朝日の射す瞬間 スピティ

朝日の射す瞬間 スピティヒマラヤの山並みに囲まれたナコ村の朝は遅い。早朝からのバス待ち待機中に、ナコ村に朝日が届く瞬間を目撃しました。黄色に染まった木々が最初に照らし出される瞬間は美しかった。ちなみにこの日、午前のバスは何かの都合で通過せず、そのままバス停で6時間待って午後のバスに乗り込みました(泣)。
北インド、スピティ地方。

インドのチベットエリアの写真をまとめた、Ladakh_2015 をアップしました。ぜひご覧ください。

ひつじの毛刈り スピティ

ひつじの毛刈り スピティ北インドのスピティ地方、ナコ村。村内を散歩中にひつじの毛刈り作業に遭遇しました。ひつじくんもカメラ目線でパチリ。

インドのチベットエリアの写真をまとめた、Ladakh_2015 をアップしました。ぜひご覧ください。

黄葉のヒマラヤ 北インド

木々の色づく秋 北インドインドのヒマラヤ山中、ナコというチベット文化圏の村です。秋深まる10月、木々も見事に色づいていました。
北インド、ヒマーチャル・プラディッシュ州、スピティ地方。

インドのチベットエリアの写真をまとめた、Ladakh_2015 をアップしました。ぜひご覧ください。

異なる地層が表出している部分 スピティ

異なる地層が露出している部分 スピティ画像はスピティ地方のダンカルとタボの間で見られた地層です。ラダック地方のラマユルの周辺も同じように異なる地層がむき出しになっていて、その地層に建つゴンパの特異な景観からラマユルは「月の世界」と呼ばれています。ヒマラヤ造山運動で生まれた奇異なる景観が、ここスピティにも。

インドのチベットエリアの写真をまとめた、Ladakh_2015 をアップしました。ぜひご覧ください。

スピティ渓谷 北インド

スピティ渓谷 北インドスピティ川に沿って移動中の風景です。スピティ地方は中国との国境に近いため、外国人に開放されたのは近年になってから。今でも一部の地域は入域許可証が必要です。写真の辺りは谷間が狭まり、悪路が続く。バス便も少なく、移動には時間がかかります。

インドのチベットエリアの写真をまとめた、Ladakh_2015 をアップしました。ぜひご覧ください。