top

Myawaddy ミャワディ  Myanmar_2014   MAP

タイ・ミャンマー国境、タイ側の町メソート。写真はメソートの市場です。

メソートはミャンマー人の住民も多い。あくまで主観ですが、ミャンマー度30%くらいありそうです。

タイ・ミャンマー国境の橋。ミャンマー側のミャワディからの撮影です。

国境は越えていても、ミャワディにはタイ商品があふれています。ミャンマー度はまだ80%くらいの感じでした。

ミャワディの町をぶらついていて見つけたプレデター。どうやらアンティークショップのようです。ちょっとひやかしてみる。

アンティークのことはわかりませんが、品揃えはなかなかでした。掘り出し物もあるやも知れません。

ちなみにプレデターは精巧なレプリカです。言い値は1000ドルでした。

パンケーキのようなチャパティのような何かを買い食い。

モスクです。タイ側のメソートにもムスリムがたくさんいました。

標識のAHはアジアハイウェイの略。1号線は東京とイスタンブールを結ぶという壮大な計画らしい。まあ、ミャンマーにとって現実的なのは、国内からベトナムのダナン港までの陸路を確保し、シンガポール海峡を経由する海路よりも物流を短縮することです。ただ、一番下の写真のようにミャンマー国内の整備は遅れている。完成すればミャンマー経済に多大な貢献をするはずなので、政府も本気とは思いますが…。

アジアハイウェイ1号線 - Wikipedia

2014年2月現在、ミャワディを出てすぐのAH1山越え部分がこんな感じになっています。大型車のすれ違いは困難なので、一日交代で一方通行が入れ替わる仕組みになっていました。結果、ミャワディ発ヤンゴン行きのバスも一日おき。一日おきに複数本のバスとシェアタクシーが出るのですが、時間がかかるので早朝出発ばかりです。このルートで入国される方は事前に出発日を調べて、ミャワディに前泊することをお勧めします。

拙ブログ関連記事