top

Bago バゴー  Myanmar_2014   MAP

バイタクに案内されたのは、バゴー中心部からは少し離れた郊外の宿。

設備が良く、少々お高めでしたが、粘りに粘って一泊20ドルにしてもらいました。

街中は車の騒音がひどく宿も汚かったので、静かなこの宿は正解だったかも。

宿で借りたチャリンコ。
これでお寺巡りをします。

バゴーの旧名はペグー。古くはモン族の都で、ヤンゴンが発展するまでは下ビルマの中心都市でした。歴史のある町は歴史的な遺物が多い。

このパゴダは恐らくかなり由緒あるものだと思われますが、英語のガイドブックを解読し切れなくて、よく分かりません。名前も忘れました。

若い人たちの信仰心が厚い。

鎌倉の大仏さんとなにか関係があるらしい。

工芸品のような仏像。

「涅槃仏(ねはんぶつ)とは、釈迦が入滅する様子を仏像としてあらわしたもの」
涅槃仏 - Wikipedia

「足の裏には宇宙観を示す文様などが描かれている」
(同)

バゴーではいくつかの涅槃大仏を見ました。

登れるパゴダ。上からの景色が良いです。

上から見るとこのパゴダは立体曼荼羅のように見えます。

ジャングルの中でだらだらしてる人を発見。その怠惰なお姿は他人とは思えません。行ってみましょう。

ここは屋根がなくて開放的です。私も逝くときは、こんな風に泰然と逝きたいものです。
ちなみにこのサイトのトップページも同じ仏さまで作りました。

お約束の足の裏。装飾が鮮やかです。この涅槃仏はまだ新しい。